消費貸借契約

(LOAN FOR CONSUMPTION AGREEMENT)

 

タイ国民商法典第650条上、「消費貸借とは、貸し主が借り主に対し、当該借り主が消費する一定量の財産の所有権を移転し、借り主が同じ種類、頻出、及び数量の財産を返済する場合の契約を指す。」と定めています。

金利の上限、福利に対する取り扱い等、法律上規定されているため、契約内容通りの強制執行が認められない場合がありまs。思わぬ取り扱いを避けるために、契約締結前に法的な分析をされることが勧められます。

 

私共の請負契約関連相談業務内容は、一般的に以下の通りとなります。

•          契約のレビュー(精査):タイ法上、及び税務上の取り扱いの整理

•          修正箇所・内容のご提案

•          契約締結時の承認としての立会、及び署名

•          上記に関する、メール交換、電話連絡、及び打ち合わせ等

 

 

LOAN AGREEMENT

A loan agreement is made between a lender and a borrower.

 

The purpose of a loan agreement is to give money to the borrower in exchange for a promise to pay the money back to the lender.

 

Important terms that should be considered when preparing a shareholders agreement including duration, interest rate and dispute resolution.

 

Our loan agreement drafting and review service includes the following:

 

  • Advise on the tax and legal implications of the contract in Thailand.

  • Provide recommendations on clauses to add or delete.

  • Sign off as witness on the contract.

  • Correspondence by email, telephone and in person meetings when necessary.